Kompleks Graffiti

音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

イギリス留学記 スコットランド訛りの教授

 日本と同じようにイギリスにも多くの訛りが存在する。そのなかでも有名なのはスコットランド訛り(スコテッシュ、Scottish)である。

 スコットランドはグレートブランド島の北部に位置し映画トレインスポッティングの舞台エディンバラや、かつて中村俊輔が在籍したセルティックの本拠地グラスゴー、ゴルフの聖地セントアンドリュースなどの街がある。スコットランド訛りはこの地方の訛りである。スコットランド訛りに触れたい方はスコットランドの映画、例えばトレインスポッティングやケンローチ監督の映画などを観ていただきたい。また、モンティパイソンのスコットランド人のコントがあるのだがスコットランドとその訛りが分かると一層楽しめる。

 スコテッシュには聞き取りやすい人もいるが、訛りがきつすぎて全く聞き取れない人もいる。例えばサッカーのマンチェスターユナイテッドの元監督アレックスファーガソンスコットランド人であるが、正直インタビューでは何を言っているか分からない。ファーガソンの後任を務め、マンチェスターユナイテッドを低迷させた、「天才」モイーズ監督もスコットランド訛りだがファーガソンよりは聞きやすい。つまり訛りのきつさとサッカーの成績に相関関係はないということが分かる。

 ここで具体的な言葉の違いの一例を挙げると、スコテッシュではyesをaye(アイ)と言ったりする。これはaye aye sirのayeと同じである。トレインスポッティングを観ると実際にayeと言っている場面がある。

 大学の倫理学の教授にスコテッシュを話す方がいた。私は倫理学への興味も高かったのだが、この人のスコテッシュを聞きたいがために授業を受けていたところも少しある。何とも不純な動機である。彼はスコテッシュを話すといってもそこは講義なので聞きやすいように話してくれるのだがそれでもスコテッシュであることが分かる程には訛っている。例えばNoという時に、一般的な英語であれば『ノウ』と言った感じだが、彼は『ノオォ』といった具合である。思わず真似したくなる。文章では音が伝わらないのが残念で仕方がない。

 彼のスコテッシュが聞く目的と、課題の論文のチェックをしてもらうために一対一でお話ししたこともあった。そのときは君は授業にちゃんと出てるし分かっているねと少し褒められた。スコットランド人に褒められるとは何ともいい気分である。特別お世話になった人ではないのだがとても心に残っている人物の1人だ。今は何を研究しているのだろうか。

 個人的にはスコテッシュはとても親しみやすい訛りである。スコットランドは多くの偉人(アダムスミス、ヒューム、コナンドイルなど)を生んでいるが、彼らが、ごりごりのスコテッシュで話している光景を想像すると思わず笑みがこぼれる。ぜひ皆さまにもスコットランド訛りに一度触れていただきたい。

イギリス留学記 シェフィールドという街

  私の留学先のシェフィールド(Sheffield)はイギリス中部に位置する。ロンドンからは電車で2時間強の旅である。ちなみにイギリスではシェフィールドは北部と呼ばれる。これはイングランド北部に位置するためだ。Northern Accentつまり北部訛りと言われる訛りはイングランド北部の訛りのことであり、スコットランド訛りとは別である。

 

 私のシェフィールドのイメージは坂と緑である。シェフィールド駅に降り立つとまず出迎えてくれるのは坂である。駅は東西に延びる谷底のような場所に位置しているため北向きにメインエントランスがある駅からはまず坂が見えるのである。坂が多いのはシェフィールドがシェフィールドはグレートブリテン島の中央部に位置する、ペナイン山脈(The Pennines)の麓の丘陵地帯に位置しているからだ。坂の街ゆえにメインストリートも坂であり、私の通っていた大学まではほとんど登りである。タモリ氏のような坂が好きな人は歓喜する街だ。

 

 そしてシェフィールドは緑が多い。シェフィールドの自治体のホームページによると一人当たりに対する木の数がヨーロッパ1だそうだ。よくわからない統計である。いずれにせよ、体感としてやはり緑は多く、芝が綺麗な公園がいたるところにある。坂から眺めるシェフィールドの街並みは綺麗である。特に晴れた日は芝が映えて美しい。

f:id:Kompleks:20170814235023j:plain

駅の南側から街を望んだ写真 加工したものだがオリジナルは残っていない

 シェフィールドは観光地ではなく、外部の人間からするとそれといって見るものはない。友人や家族が遠路はるばる訪れにきてくれたが、基本的にはそこらをお散歩して食事して終わりである。しかし個人的にはそんなシェフィールドの観光地ではないところが良い。街中へ出かければ必要なものは揃うし、少し街を外れれば緑の多い落ち着いた街が広がっている。これ以上何が必要だろうか。治安もイギリス国内では良い方であり、イギリスの天気に順応できれば精神的に落ち着いていられる都市である。私はマンチェスターにも住んでいたことがあるが、好きなのはシェフィールドである。街の規模はマンチェスターの方が上であるのだが(人口はシェフィールドの方が多いが)、マンチェスターはどこか荒々しい感じがする。それに対してシェフィールドは穏やかである。

  

 ここまでシェフィールドの漠然としたイメージを書いてきたが、少しシェフィールドにゆかりのあるものや人を紹介しよう。なかなか有名どころもあるのである。

 

音楽:シンセポップのThe Human League、ブリットポップを彩ったPulpや現在のイギリスロックを牽引するArctic Monkeysはシェフィールド出身。

 

スポーツ:陸上7種競技金メダリストのジェシカ・エニス=ヒルやボクシングのナジーム・ハメドはシェフィールド出身。またシェフィールドではスヌーカーというビリヤードの一種の世界大会が行われる。この競技はイギリスでは非常に人気が高い。実際面白いので知らない人はぜひ動画などを観て欲しい。ちなみに私はRonnie O'Sulivanという選手の最高得点の最速記録を観てスヌーカーの凄さを知った。

 

映画:ショーン・ビーンやモンティパイソンのマイケルペイリンはシェフィールド出身。またシェフィールドは映画フルモンティの舞台にもなっている。最近ではFour Lionsというテロを風刺した映画が出ており(日本では未公開)面白いらしい。

 

 まだまだシェフィールドについて書きたいことはあるが今回はこの辺で終わろうと思う。少しでもシェフィールドの魅力が伝われば幸いである。

 

 

 

イギリス留学記 異国の地で病に伏す

f:id:Kompleks:20170813221145j:plain

 

 イギリス留学中、一度恐ろしいほど体調を崩したことがある。それは1年目のウェルカムパーティの後であった。学校が始まってから1ヶ月ほど経過し学校主催のパーティがあった。悲しいことにパーティ自体の記憶はあまりない。確か寮の人と一緒に行って、少しお酒を飲んで帰ってきたはずだ。だいたい同じ国の人たちがかたまっているのでそこまで新しい人と知り合うことはなかった。ただし私はあまり社交的な性格ではないので自分の性格に問題があるだけかもしれない。社交性の問題についてはまた別の機会に記すとする。

 そんなパーティの翌日体調を崩して寝込んだ。信じられないほど具合が悪かった。確か嘔吐もしたはずである。体温計を購入していなかったためどれほど熱があったのかはわからないが、自分の人生で3本の指に入る辛さだった。余談であるが体調が回復してから次に体調を崩したときに備えて体温計を購入したが、二度と使われることはなかった。欲しいものは欲しい時にはないものである。

 高熱が出ていたはずなので、普通なら病院に行くのだろうがそうしなかった。もともと風邪っぽい症状であれば自然治癒をしてきた。自分で治した方が免疫が高まるのではないかという根拠のない信仰を支えに今まで生きてきた。異国の地で私は独り風邪と戦うことにした、と言えばどこか勇敢な響きがするが実のところそうではなかった。

 正直なところ当時はどの病院に行けばよいかわからなかった。日本とイギリスでは病院事情が異なる。イギリスはGP(General Practioner)という医者が一次診療を行う。GPは医療の総合的な知識を持った医者で専門医ではない。よって緊急時を除いて、基本的にはまずGPに診療してもらい必要がある場合にのみ専門医に診療してもらうことになっている。私の場合、留学してGPへの登録をしなければならなかったのだが、それを怠っていたため、高熱を出した時にはすでに時遅し、耐えることによってのみ救われるという、戦時下の日本のような状況に陥ってしまった。

 一週間程して回復した。なかなか時間がかかってしまい、学校も数日休むはめになってしまった。久々に学校に行くと知らない生徒が増えていた。彼とはのちに親しい友人となった。人との出会いはどのタイミングで訪れるかわからないものである。

 これを読んでいて今後海外に住む予定がある方は、出来るだけ医療について詳しく調べておくべきだ。私の場合、不幸中の幸いだが体調を大きく崩したのはこの一度だけであった。体が弱い人はとにかく万が一に備えるべし。備えあれば憂いなし。

イギリス留学記 ポテチが美味しい

f:id:Kompleks:20170808001825j:plain

 

 体に悪いのは分かっているのだがついつい食べてしまうものの中にポテチがある。塩分が高いことに加え中毒性の高い食べ物なので摂取には気をつけなければならないのだが、大学時代は毎日のようにポテチを食べていた。振り返ってみてもイギリスのポテチは日本のそれと比較にならないほど美味しかった。さらに値段も安く、量も多かったため、お腹の空きがちな学生にはたまらないものだった。

 ポテチの深い話をする前に知っておいて欲しいのだがイギリスではポテチのことはポテトチップスとは言わない。私もイギリスに行くまでは知らなかったが日本でいうポテチはイギリスではCrisps(クリスプス)と呼ばれる。ではイギリスでChips(チップス)は何かというとフライドポテトである。つまりFish & ChipsのChipsのChipsである。ただしアメリカ英語ではポテトチップスは日本と同じポテチである。

 さて私は今書きながらイギリスで最初に食べたポテチを思い出そうとしている。当時誰かが食べているのを見て買ってみようと思ったはずである。というのも海外で突然なにか食べ物を調達せよとなっても何が美味しいのか、果たして陳列されているこれは普通に食べられるものなのかといろいろと不安要素が多いのである。そこで私は人が買っているものを食べる。とりあえず食べられるものだという安心感をそこで得ることができる。このように私は人の真似しかできない冒険心のないやつである。

 おそらく最初に食べた、そして留学中最も食べたのはWalkersのポテチである。カルビーの堅あげポテトに似たポテチだ。2013年のイギリスのポテチ市場の56%はWalkersに占められていたとのこと(http://www.bbc.co.uk/food/0/22540908)。Walkersは基本の3種類が塩、オニオン、ビネガーがある。中でも中毒性が高いのがビネガーである。日本ではすっぱムーチョが近い味ではあるのだがWalkersは倍ぐらい酸っぱい。正直私はすっぱムーチョの酸っぱさには満足できない。ポテチはもっと酸っぱくて良いのだ。

 そんな定番中の定番のWalkersには何種類かブランド(?)があり個人的によく食べたのはSensationsというポテチである。こちらはスタンダードな薄めスライスのポテチで、アジアンテイストの味が何種類か存在し、スウィートチリとローストチキン&タイム味がお気に入りだった。味付けにどこか爽快感があり、後味がすっきりだった。この暑い夏にSensationsとうまいビールがあれば困ることはないだろう。

 もう一種類取り上げよう。McCoy'sである。McCoy'sはギザギザの厚めのポテチで、体に悪そうな味付けである。ポテチがそもそもそんなに体によくないのにMcCoy'sはそれを体感することができる。時折食べていた味付けがFlame Grilled Steak、つまりステーキ味である。これが添加物だらけな味がする。そして何より塩っぱい。McCoy'sに関しては私はさすがに味が濃すぎて中毒にはならなかった。こちらは時折アクセントとして口にしていた。

 日本に帰国してイギリスにいた頃に比べるとポテチの消費量が減った。これは健康を考えればとてもよいことだと思うが、なぜかイギリスで食べたガツンと来るポテチが食べられないという喪失感がある。私の大学生活を彩った食べ物はポテチであり、ポテチ無くして今の私はない。健康に留意しつつポテチをかじっていきたい。

イギリス留学記 飛行機編

f:id:Kompleks:20170807064549j:plain 

 留学していた頃(2009~2013)の夏は日本に帰国しており、実家でのんびり過ごしながら秋に渡英するための準備をしていた。そしてその準備の中で最も重要なものの一つが飛行機選びであった。

 確か一年目はブリティッシュエアウェイズ(以下BA)でマンチェスターまで向かった。これがヒースロー空港マンチェスター行きの便を8時間待ちという鬼畜な旅程だった。これはその前まで12時間ほど飛行機に輸送された体にはなかなか堪える。しかもこの時私には毛布が配られていなかった。搭乗の際、自分の席に毛布がなかったのだ。眠くなるまでは別に気にせず放っておいた。そろそろ寝ようかと、客室乗務員(イギリス人)に毛布がないから欲しいと伝えた。席はどこですかと聞かれたので〇〇ですと答えた。その後毛布がやってくることはなかった。なかなかサービスの質が高い。ついでに書いていて思い出したがマンチェスター到着の直前に水は入りますかと聞かれ、紙コップに水をもらった。なかなか飲みきれずにいたところ、コップに水が入った状態で着陸態勢に入り、水がこぼれないように着陸の衝撃をうまく吸収しながらコップを持ったまま着陸した。今思えば酷い扱いである。マンチェスターに着いたときは疲労困憊だった。マンチェスターの空港からは現地の学校が準備した車に乗って移動したがイギリス人の運転は結構飛ばす感じがあるので驚いたし疲れた体には辛かった。寮に入ってルームメイトとの挨拶もそこそこに眠りについた。

 2年目はエティハドかエミレーツだったか。確かエティハドである。BAに比べるとかなり移動時間は長かったが安さを選んだ。旅行時間は正確には覚えていないが21時間くらいだったと思う。はっきり言って辛かった。アブダビまでは10時間ちかくかかり、さらにロンドンまで8~9時間ほどかかったはず。そしてアブダビで乗り換えだったと思うが窓からの景色は砂漠である。何もない。空港内は寒く、ひたすらその寒さに耐えた記憶しかない。加えてロンドンに着いたあとも行程は長い。ヒースローからセントパンクラス駅へ移動、そして大学のあるシェフィールドまで2時間の電車旅である。しかも9月頃のシェフィールドはなかなか気温が低くなるのだ。。。電車の中で寒さに震えながら、一年で一番きついのはこの時だと思っていた。価格には理由がある。お金がないならこのような旅程を覚悟せよ。

f:id:Kompleks:20170807071740j:plain

(2012年オリンピック前のセントパンクラス駅 ユーロスターなどもここから出ている)

 3年目、4年目はKLMを選んだ。KLMが一番である。価格も安く(エティハドよりは高かったはず)、トランジットでも時間を長くかける必要がない。快適すぎてあまり書くことが思いつかないくらいだ。強いて言うのであればアムステルダムスキポール空港に着陸する際にオランダの街が見えるのだが、見ごたえあるぐらい平坦であった。自転車大国となっていることに納得ができる。ただし留学の4年間でトランジット時にしかオランダを訪れることはなかった。

 イギリスまでの道中は今振り返っただけでも疲れてしまう。どう考えても密室で狭い座席の上で揺れに耐えるのだから体には堪える。さらに入国審査やらなんやらストレスが多い。ちなみに私は2年目あたりから機内食があまり喉を通らなくなった。色々な食材が混ざった匂いで吐きそうになってしまうのだ。その上食べたくもない時間に配給されるのだから具合悪くなる。機内を快適に過ごすのは難しい。

サイクリング〜大宮で神、そして動物とふれあう〜

どういうわけか急に大宮を観光しようという案が頭に浮かんだのでさっそく自転車で行ってまいりました。

目的地は近頃パワースポットだと評判の大宮氷川神社と大宮小動物園。ただしパワースポットだから行くわけではない。

今回のコースはこんな感じです。

f:id:Kompleks:20170805164035j:plain

往復43kmなのでトライアスロンのオリンピックディスタンスくらいですね。

 

〜道中〜

まずは荒川を渡るために秋ヶ瀬橋を目指します。

スタートして早々膝が痛んだのですがそのうち治るだろうと放っておきました。

f:id:Kompleks:20170805165503j:plain

こちらが秋ヶ瀬橋。左岸に向かって行くと右手に彩湖、左手に秋ヶ瀬公園といった自転車乗り御用達の場所があるため、自転車に乗った人をよく見かけます。

 

道なりに行くと別所沼公園なる公園があり、付近の人の憩いの場になっているようです。

f:id:Kompleks:20170805170101j:plain

向日葵が咲いてました。はっぴいえんどの夏なんですを聴きたくなります。

f:id:Kompleks:20170805170303j:plain

 

氷川神社

埼玉県庁、浦和駅付近を通過し道なりに進むと氷川神社の参道が現れました。氷川神社まで全長2kmもあるそうです。大宮という名前の由来になるだけあります。

一の鳥居。緑の回廊になっているので日陰で走りやすそう。

f:id:Kompleks:20170805170325j:plain

 

二の鳥居。遊歩道になっています。

f:id:Kompleks:20170805170650j:plain

いよいよ到着、三の鳥居。

f:id:Kompleks:20170805170651j:plain

 

鳥居をくぐり左手になぜか戦艦武蔵の碑が。。。

f:id:Kompleks:20170805170652j:plain

どうやら戦艦武蔵の艦内神社は戦艦武蔵だったとのことです。ここに碑があるとは予想していなかったのでびっくり。

 

境内には池があります。神池という池だそうです。

f:id:Kompleks:20170805170653j:plain

歩みを進めると桜門があり、ここから拝殿に入ります。

f:id:Kompleks:20170805170747j:plain

こちらは舞殿。氷川神社では雅楽もやっているそうです。

 

f:id:Kompleks:20170805170656j:plain

雅楽に関しては乃木神社に見に行ったことがあるのでそちらの記事もどうぞ。

kompleks.hatenablog.com

 

拝殿の写真も撮ったのですが気合を入れてパノラマで撮ってしまいアップロードができないことが発覚...申し訳ございません。

 

ちなみに氷川神社に祀られているのは須佐之男命 (すさのおのみこと)、稲田姫命 (いなだひめのみこと)、大己貴命 (おおなむちのみこと)だそうです。

大宮公園小動物園

参拝を終え、隣接する大宮公園へ。

小動物園の標識にしたがって進むと遊園地が。

これはかなりの遊園地ですな。

f:id:Kompleks:20170805170700j:plain

 

大人なので遊園地を通り過ぎ、お目当ての動物園へ。

f:id:Kompleks:20170805170702j:plain

ちなみに入園は無料です。出入り自由です。

 

無料ですが結構見ごたえありました。

ハイエナ

f:id:Kompleks:20170805170709j:plain

カピバラ 暑くて死にそうだよよよ。。。

f:id:Kompleks:20170805170718j:plain

注意書きがショッキングでした。そっとしておいてあげて。

f:id:Kompleks:20170805170717j:plain

 檻の外に手を伸ばす猿

f:id:Kompleks:20170805170737j:plain

檻の外に手を伸ばす猿ver.ブラウンケナガクモザル

f:id:Kompleks:20170805170742j:plain

園内にはとりたちのらくえんなる施設がありました。ジュラシックパークの鳥かごのイメージしか湧かない。

f:id:Kompleks:20170805170719j:plain

内部はこんな感じでかなり鳥を近くで観察できます。

f:id:Kompleks:20170805170730j:plain

フラミンゴ

f:id:Kompleks:20170805170721j:plain

クロトキ

f:id:Kompleks:20170805170726j:plain

これはなんだっけ。

f:id:Kompleks:20170805170731j:plain

 

アナホリフクロウ

f:id:Kompleks:20170805170705j:plain

他にも紹介しきれていない動物がたくさんいます。無料でこれはうれしい。

 

帰りは戸田橋方面を目指してひたすら道なり。今夜花火大会が行われるそうな。

荒川付近はとにかく青々としています。

f:id:Kompleks:20170805170758j:plain

全行程を終えて走行距離43.17km、平均時速21.7kmでした。

f:id:Kompleks:20170805183432j:plain

 

〜総括〜

とにかく動物園が素晴らしかったです。無料なのでぜひ行ってみてください。

自転車に関しては比較的走りやすい道でした。特に氷川神社の参道は自転車で走ると爽快。新都心の付近も自転車レーンが整備してあるので安全に走れます。

氷川神社で私は特にパワーを感じることなく帰ってきてしまいましたが、そんなものはどうでもよく、参道を通って参拝するだけでも面白い場所です。いずれは雅楽を観にきたいと思いましたが混雑は勘弁です。

 大宮公園一帯、おすすめです。

 

 

 

 

川越〜入間川サイクリングロード〜荒川サイクリングロード

8月3日曇天ながら過ごしやすい天気のなかサイクリングに行ってきました。

今回のルートは川越市喜多院に向かい、入間川サイクリングロードと荒川サイクリングロードを経由し最後は彩湖へ向かうコース。

 

f:id:Kompleks:20170803222826j:plain

大体こんな感じです。

 

出発地点は和光市。まずは和光市から川越まで向かいます。

国道254を川越方面へ約20km。途中英インターチェンジ付近がわかりにくくなっていますが基本一本道です。

f:id:Kompleks:20170803180122j:plain

英インター付近。

f:id:Kompleks:20170803213702j:plain

英インター付近その2。青々としております。

 

国道254ですがあまり自転車向きの道路ではないです...交通量が多く、特にトラックの往来が怖いです。路面状況もところによっては悪くガタガタです。

 

川越の喜多院に到着。ちなみに護摩修行はしなかった。

f:id:Kompleks:20170803214204j:plain

f:id:Kompleks:20170803221411j:plain

喜多院天台宗の寺院で平安時代に円仁が開創とのこと。

 

蔵造りの町並みを抜けます。観光地は平日でも人が多い。鐘の写真は割愛。

f:id:Kompleks:20170803223155j:plain

 

菓子屋横丁を左に確認しながら入間川サイクリングロードに向かいます。

f:id:Kompleks:20170803232820j:plain

菓子屋横丁を過ぎたあたりの川。風情。

 

道なりに行くと入間川に出るので、入間川サイクリングロードに入ります。下流に向かい荒川サイクリングロードを目指します。

f:id:Kompleks:20170803233024j:plain

 

平日は全然サイクリングしている人がいないのでおすすめです。そして信号機がないのはやはりうれしい。

途中F1のモナコGP的なヘアピンがありF1好きも楽しめます。

f:id:Kompleks:20170803233233j:plain

 

入間大橋で入間川サイクリングロードは終点。ここから荒川サイクリングロードに入ります。

f:id:Kompleks:20170803233515j:plain

 

入間大橋から荒川サイクリングロードがまっすぐ伸びているのが見えます。

f:id:Kompleks:20170803235143j:plain

 

道なりに進むと上江橋に出ます。ここでさいたま方面に進みます。

f:id:Kompleks:20170803235257j:plain

 

西遊馬公園を通ると、田んぼに遭遇します。このあたりは都会の喧騒を忘れられるいいポイントです。今後色付いて綺麗になりそう。

f:id:Kompleks:20170804000554j:plain

 

そこまで疲労を溜めることなく彩湖に到着。天気が良ければもっと見栄えの良い写真が撮れるのですが、涼しかったから良しとします。

f:id:Kompleks:20170804001136j:plain

 

今回のコースの総括

川越までの国道254は全くおすすめしません。今後どうにか避けて行けるルートを開拓したいです。入間川、荒川のサイクリングロードは平日なら結構空いていて走りやすく、むしろあまりライダーがいないのがもったいないくらいです。是非走ってみてください。