Kompleks Graffiti

自転車、音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

準備は怠るなよという教訓

奥多摩まで自転車で行ってきた。

昼頃に出て奥多摩駅付近到着が16時くらい。道中渋滞でなかなか進むことが出来ず時間がかかってしまったが、幸い気温がさほど上がらず快適な旅だった。

奥多摩駅にたどり着いたのは17:00。17:18の電車があるので、いそいでパッキングすれば間に合う。早速自転車をひっくり返し、輪行袋を取り出す。エンド金具をつけようとすると、輪行袋に入っていない。

急いでバイクのバッグなどを探すがない。エンド金具なしで輪行できるのだろうか?調べてみるとエンド金具がないと変速機が壊れるらしい。もしくはずっと担ぎながら電車に揺られるか。さすがにずっと担ぐのは無理だ。仕方がないので日が沈みゆく中、ひとまず青梅の自転車屋に向かうことにした。

下り基調だったのでそこまで苦労することはなく青梅に到着。目的の自転車も青梅街道沿いだったので迷うことなくたどり着けた。さてほしいのはエンド金具単体だが、輪行グッズの棚をみても輪行袋はあれど金具はない。念の為店員に確認したがないとのこと。

仕方が
ない。なぜか駐車場で音楽を流しながらウィリーしている少年たちを尻目に別の自転車屋へ。ホームセンターと一体になっているところなのだが、こちらにもエンド金具はない。しかしここはホームセンター。ここで考えた。自分で作ろう。それなりに形になりそうなものは揃えられた。ただしエンド金具の構造を完全に理解しているわけではないので、勘に頼っていた。

さて駅に向かい、輪行の準備を開始。自作エンド金具をさっそく試すが、案の定、エンド金具の構造を理解していなかったので、グラグラと揺れてしまう。これでもいけるかなと思ったがさらに忘れ物に気がつく。輪行の時に担ぐための紐がない。

ということで自走での帰宅を決めた。35kmほどの旅路。夜道はできれば走りたくなかったが仕方がない。

自走で帰るために家系ラーメンで補給。本当は油ものはダメなのだろうが空腹すぎて、食べたいものを食べたい欲求を抑えられない。実際食べると、まったくこってりさを感じることがなくあっという間に完食。

帰路は交通量がすくないことと、下り基調であることに加え、追い風が吹いていたので、体力的にはきつかったが、気持ちよくライドをすることができた。

 

久々にひやひやしたと同時にワクワクした。中秋の名月を眺めながらのサイクリングはなかなか美しいものだった。それは思わぬ収穫でもあった。そして自分は子供の頃からやっていることが変わらないことにも気がついた。音楽をして、自転車に乗っているのは子供の頃から何も変わっていない。結局こうして生きていくのだな。

 

準備は抜かりなく。しかし準備がいいかげんで失敗するのもたまには面白い。

 

f:id:Kompleks:20190915100229j:plain

奥多摩湖

 

自作曲を解説する

自分で書いた曲を解説するというなかなか恥ずかしいことだが、曲作りに興味があるという人がいたら、制作のヒントとして頂きたい。

 

今回作ったのはこんな曲。iMovieの作業で音が割れてしまっていることに先ほど気づいた。

www.youtube.com

 

全体的には民族的な雰囲気を持たせた、すこしノスタルジックなクラブミュージック的な作り。

 

・作曲のきっかけ

最初からこのような曲を書こうと意識したわけではなく、マリンバのような音の作成中に出来上がったフレーズを元に膨らませていったもの。民族的な響きが合うと思ったので、コーラスを入れたところ思いのほかはまったので一気に仕上げた。作曲というと全体のイメージを固めてからというものだと思う人もいるかもしれないが、あまり深く考えず気に入ったフレーズを膨らませていくのも一つの手。筆者はよく料理と作曲は似ていると思うのだが、食材が一つあってそれに何を合わせていくかを考えていくような感じ。自作の曲はレシピがあるわけではないので、とにかく素材をいかに使っていくかが大事。

 

・展開のさせ方

前段でコーラスのところまでの話はしたので、そこから先について記す。

ドラムは結構悩んだ。最初はあまり典型的ではないビートを使っていたが、いまいちしっくりきていなかった。4つ打ちのビートはつまらないと思いつつ、ラテン的なパーカッションと重ねたらとても相性がよかったので、今回のビートに収まった。

展開はシンプルで一つ一つ楽器が足されていって、一つの曲を作る典型的なミニマリズムのやり方。コードは変わらないので、好きなメロディを重ねていけば結構厚みが出てくる。そして途中に一つだけ展開を加えた。個人的には少し意表をつきたいので、電子ドラムの音ではなくドラムセットの音をエフェクトをかけてみた。展開が単調なら思い切ってリズムを変えると効果的と思う。

あとは一気に音を消すと、インパクトが出るのと、あまり綺麗な展開を考える必要がないので困ったら一旦切るのもありだと思っている。

 

・機材・シンセ等

使用しているDTMはLogic Pro X。マスタリングにizotopeプラグインを使っている以外は全てLogic標準装備のシンセで作ることができる。

 なおサンプルはNHKクリエイティブライブラリーからダウンロード。クリエイティブライブラリーはぶっ潰さないでください。

 途中の展開が変わるところはLogicのDrummerを使い、DistortionやFlangerのエフェクトをかけています。

 

おまけ

動画はPixabayからいただいております。Timelapseのものを探したら良いものがでてきました。MaciMovieで再生と逆再生を交互にする編集をしています。

Blue Mondayの聴きかた

イギリスはマンチェスターのバンド、ニューオーダーが1983年にリリースしたBlue Monday。この曲の聴きどころを偏愛だけで語りたいと思う。

www.youtube.com

 

00:00~永遠に聴けるバスドラム

ド  ド  ドドドドドドドド  ド  ド  ド  ド

このリズムを聴けばブルーマンデーの9割は聴いたようなもの。昨今のEDMから比べると何とも質素な音だが、この音だからこそリピートに耐えうる。印象的かつうるさくないというのはなかなか難しい。もし全部聴く時間がない時はこのバスドラムだけ聴けば、Blue Mondayを聴いた気分になれるだろう。永遠に耐えうるリズムが素晴らしい。

 

1:18~ うるさいベース

ベース担当のピーター・フックのベースラインが登場。そしてなぜかすぐにいなくなる。何しに出てきたこの音???その後ちょいちょい暇な時(?)に顔を出すベース音。ほとんどがデジタルな音の中でこのベースは少し異質な響きだが、音作りが鬱っぽいので、まさにブルーマンデーという雰囲気を醸し出している。このベース音を聴くと、「嗚呼、ただいまニューオーダー」と言った心地がする。

 

3:26~とりあえず爆発させよう

この曲一番の聴きどころ!あとは惰性である(暴論)。目が回るように左右に振られた音から、ドラムの連打、そこからハイハットが止めに入り、何故か爆発する。強引な歌への繋ぎが感動的だ。いつ聴いても、なんでこんな展開思いついたのか不思議で仕方がない。ニューオーダーの光るセンスがここにある。

 

総論:全員下手くそゆえの素材の美味しさ

この曲というかニューオーダーの魅力は洗練されていないスタイル。おしゃれなフレンチのスープなどではなく。どんな具が入っているかが一目瞭然の田舎の味わいの豚汁の感じ。耳を澄ませばだいたい、なんの音が入っているかすぐにわかる。音を重ねることも最小限なこの曲はある意味で単純な作曲の教科書。

 

ニューオーダーについて色々と語ることはできるが、このBlue Mondayのどこが良いのと聴かれたら、残念ながら、これくらいしか語ることができない。

 

 

阿波踊りの音像

久しぶりの更新。ここ最近は音楽のことを多く考えている。

 

そんな中、昨日高円寺で阿波踊りを観た。

 

初めてだったが、熱狂的な祭りだった。観る側もみんな祭囃子に心を躍らせていた。

 

音に着目すると1つ単純なことに気がついた。音の流れる順番だ。

 

阿波踊りは練り歩きながら演奏と踊りが行われる。当然ながら音は並んでいる順番に聞こえてくる。三味線、笛、太鼓ならば、その順番に大きくなり、その順番に小さくなる。単純だが今まで意識的には感じていなかったことだ。リアルな音作りの際は、音の順番も考えないといけないわけだ。

 

阿波踊りの音を録音していたが、その音は現実を全く捉えていなかった。やはり実際に揺らす空気の量が全然違うわけだから同じものは味わえない。自分で体験することはいつでも一番大切だ。

 

ちなみに徳島出身の妻によると、徳島の阿波踊りの観客は高円寺ほど盛り上がらないとのことだ。来年は現地で。

桜の咲いていないさくら堤公園までサイクリング

先週の日曜日に友人と2人で荒川沿いの桜の具合を見にサイクリングに出かけた。目的地は埼玉県比企郡吉見町のさくら堤公園。

 

待ち合わせは秋ヶ瀬公園。筆者は彩湖の東側、笹目橋のあたりから荒川サイクリングロードに入った。初めて通るルートだったが、未舗装路がストラーデビアンケの様にまさに白く輝いていた。

f:id:Kompleks:20190328235521j:plain

荒川Strade Bianche

秋ヶ瀬公園へ向かっていると、強烈な向かい風が吹いてきた。今日のサイクリングはなかなか厳しいものになりそうだ。

 

秋ヶ瀬公園に先着し、相手を待っていると、他にも待ち合わせをしている自転車乗りがいる。なにやら高そうなバイクが並んでおり、肩身が狭い。

 

友人と合流し、早速荒川を上流に向かい走り始める。やはり風が強い。途中水田のところを通るのだが完全に吹きさらしで、車体が風に揺らされる。

 

道中の木々を見ると今日は桜は咲いていないことには間違いなさそうだが、菜の花は土手に美しく咲いている。

f:id:Kompleks:20190329000319j:plain

菜の花

昼前にスタートしたので、少し空腹が気になったため、以前から気になっていた榎本牧場に足を伸ばしてみた。

 

サイクルラックには多くの自転車がかけられている。自転車乗りには定番の場所だ。

ここではジェラート飲むヨーグルトをいただいた。どちらも濃厚だ。

f:id:Kompleks:20190329000717j:plain

ピスタチオと抹茶のジェラート

榎本牧場を後にし、さらに上流へ向かっていくと風はより一層強く感じてくる。ずっと踏み込んでいるせいか、今までになったことがない靴擦れが起きた。

 

途中心が折れそうな瞬間があったが、なんとかさくら堤公園についた。さくら堤公園にはさくらは咲いていなかった。代わりに一本の桃の木が綺麗に咲いていた。

f:id:Kompleks:20190329001050j:plain

さくら堤公園の桃の木

さて帰り道は追い風だ。ぐんぐん進み、もはやダウンヒルの様な調子である。少し元気が出てきたので、荒川を少し離れてうどんやにいくことにした。

 

入間大橋から川越方向に向かい、元祖武蔵野うどん めんこや 本店を訪れた。ここにはサイクルラックがあり、サイクリストフレンドリーである。

 

ここでは肉玉うどんをいただいた。大盛りにしたのだが、自分の想像以上の量だった。麺は食べ応え抜群で、コシが強い。汁は自転車で疲れた体にとても優しい。

f:id:Kompleks:20190329001441j:plain

肉玉うどん

向かい風に殺されかけたが、ジェラートとうどんを楽しみ、咲いていない桜の近い開花に想いを馳せながらの充実したサイクリングだった。

 

疲れた体に古典を

くたくたに疲れてしまった今週は、木曜日に久々に高校時代の「常用国語便覧」を眺めたことから古典に対する気持ちが高ぶり、それだけが生きる気力だった。なぜ「常用国語便覧」を取り出したかというもの来月に能の観劇に行くことが決まり、できるだけ知識をつけようという思いからだ。能というものは例えば伊勢物語や和歌の着想から成立していったため、古典の知識が豊富であれば楽しめるはずという考えから何を読んでみようか思索をしたのだった。

きっかけは能だったが、ブログを書くのであれば随筆や日記を読んで肥やしにしようと思い、作品を眺めると、あまりにも有名な枕草子徒然草方丈記などがある。方丈記は以前読んでいたが記憶は薄い。「ゆく河の流れは絶えずして」の印象が強すぎるため、後の方が霞んでしまう。日記でいえば土佐日記は以前図書館から借りたが途中で断念していた。こちらにしても、冒頭の「男もすなる日記といふものを」の脳内に占める割合が大きすぎて他がなかなか入ってこない。

そんなことを考えながら、本屋か図書館にいって古典の一つでも手に入れようと思い。金曜日の帰りに某中古本屋に寄り道した。

蜻蛉日記が上中下巻合わせた2冊が手頃な価格かつ綺麗な状態であったのですぐに確保した。更級日記などもあったがそれは次の機会にしよう。

f:id:Kompleks:20190323123739j:image

Tirreno Adriatico 2019のチーム賞はEF

2019年のTirreno Adriaticoはユンボビスマのログリッチェが見事な逆転優勝で幕を閉じた。

 

 

そしてチーム賞はEF Education Firstが獲得!

www.efprocycling.com

 

最終日個人TTで2位になったアルベルト・ベッティオールは以下のように語っている。

 For me, the team win means that the teamwork is there. We achieved the team win because we worked for and with each other every single day. Winning the team class is proof of our commitment, strength and power.

(チーム優勝はチームワークの証だと思っているよ。お互いがお互いのために毎日頑張ってきたから勝つことができた。チーム優勝は献身、強靭さと力が自分たちに付いている証拠だね。

 

総合8位となったサイモン・クラークはチームの充実ぶりを以下のように語っている。

“I really think the lift is coming from management and sponsorship, ownership. We’ve had a huge increase in commitment from EF and from the management over the last year, and that’s really being felt by all of us on the bike. What is being done for us, the effort that is being put in to prepare us for these WorldTour races, it’s motivating to us all. We absolutely appreciate it, and I know we’re all happy we can deliver the results as a show of appreciation for that effort and to show that their efforts are effective.”

チームが向上しているのは、マネージメントとスポンサーとオーナーのおかげだと思っているよ。EFとマネージャー陣からとても力を注いでもらっていると選手のみんなが感じている。僕たちのためにしてもらっていることや、ワールドツアーのレースに向けた準備にかける努力がモチベーションになっている。すごく感謝しているし、今回の結果はサポートしてくれている人々への感謝を示せたし、その努力が実を結んできていることも示せたからとても満足しているよ。

チームとしてまとまりを見せているEF。ここからのクラシックレースではどのような結果を残せるだろうか。