Kompleks Graffiti

自転車、音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

Tirreno Adriatico 2019 EFの布陣

昨日からイタリアのステージレースティレーノ・アドリアティコが開幕した。全7ステージのレースで西はティレニア海沿いのリド・ディ・カマイオーレから東はアドリア海沿いのサン・ベネデット・デル・トロント を走る。現在行われているパリ〜ニースよりも山岳は厳しくないため、そちらに比べるとスプリンター向けとなっている。

 

EF Education Pro Cyclingを追いかけている本ブログなので、EFの出走選手を確認したい。

 

 アルベルト・ベッティオール・・・昨季はBMCに所属していた。先日のストラーデ・ビアンケでは残念ながら足の痙攣でリタイア。出身はイタリア、トスカーナ州

 
 
 
View this post on Instagram

Ok. Sometimes I might look serious 🤪 • • 📸 @jojoharperphoto #exploretheworld #ef #picoftheday #tdu2019

Alberto Bettiolさん(@albertobettio)がシェアした投稿 -

 

 サイモン・クラーク・・・2月のツール・ド・ラ・プロヴァンスでは総合2位。ストラーデビアンケでは8位と調子が良い。

 
 
 
View this post on Instagram

Post-Vuelta portrait. #12thgrandtour 📸 @ashleygruber

Simon Clarkeさん(@simoclarke)がシェアした投稿 -

 

 タネル・カンゲルト・・・今年アスタナから移籍のエストニア人。娘さんを溺愛の様子。

 
 
 
View this post on Instagram

This is how a perfect sunday should look like. Few more good training days and i get to see my girls 👌😊

Tanel Kangertさん(@tanel_kangert)がシェアした投稿 -

 

セバスティアン・ランヘフェルト・・・オランダ人パンチャー。2011年オムループ・ヘット・ニウスブラット優勝。2014年オランダ選手権ロードレースチャンピオン。 

 
 
 
View this post on Instagram

So excited for 2019💥💥 bring it on! @ef.educationfirst.procycling @rapha @cannondaleroad @pocsports

Sebastian Langeveldさん(@sebastianlangeveld)がシェアした投稿 -

 

サーシャ・モドロ・・・イタリア人スプリンター。2015年のジロと2014年のツール・ド・スイスサガンを破ってのステージ優勝が特別な勝利とのこと。

 

テイラー・フィニー・・・アメリカ人ライダー。昨年パリ〜ルーベ8位。リラックスには瞑想をしている。LAを白シャツを着て走る姿はお洒落。

www.youtube.com

 

セップ・ファンマルケ・・・先日のオムループ・ヘット・ニウスブラットでは失速してしまったセップだが今回はリーダーとして出走。

 

 

 

 

Paris~Nice 2019 番外篇 コート・ダジュール空港

Paris~Nice真っ只中だが、ここで昨年10月に旅行でモナコからパリへ向かう際に使用したニースの空港(コート・ダジュール空港)を少しだけ紹介。

コート・ダジュール空港はフランスで3番目に利用客が多く、ニースの街の西に位置しており、筆者のようにモナコを訪れる人にとっての空の玄関口となっている。

f:id:Kompleks:20190312224454j:plain

コート・ダジュール空港

モナコとはバスで直接行き来することができ、とても便利。

 

空港自体はそこまで巨大なものではなく、空港内の移動は結構楽だった。

f:id:Kompleks:20190312225912j:plain

ジェイミー・オリバーの店

 

このコート・ダジュール空港ではフライト前にエリック・カイザーのパンを食べた。エリック・カイザーは日本ではメゾンカイザーとしての出店で知られるブランジェリー。

f:id:Kompleks:20190312225537j:plain

Eric Kayser

ハード系のパンが充実しているのと、焼き菓子も日本よりも大きいサイズのものが多い。

 

筆者がいただいたのはホットドッグ。しかし普通のホットドッグではなく、バゲットに2本のソーセージ、そしてチーズがかけられた、贅沢なもの。

美味しいというより、日本ではお目にかかれない、味わえないホットドッグにただ衝撃を受けた。

f:id:Kompleks:20190312230843j:plain

ホットドッグ

f:id:Kompleks:20190312231135j:plain

ホットドッグとフィナンシェ

そして一緒に食べたのは上の写真、左上のフィナンシェ。フィナンシェといえば四角いイメージだったのだが、カップ型かつ、サイズがでかい。中はしっとりとしていてとても美味。

もしパリ〜ニースツール・ド・フランスでニースに行く機会があれば、空港のパンでフランスを感じてみては。

 

 

 

Paris~Nice 2019 Simon Yatesの照準は?

昨日からスタートしたParis~Nice 2019。スプリンターから総合系の選手まで、強豪ひしめいているが、その1人、Simon Yatesの短いインタビューを紹介。

 

www.velonews.com

 

まずはパリ〜ニースの印象について。

“I enjoy Paris-Nice, it’s a good race and I’ve done it every year since I’ve been a professional,” (パリ〜ニースは楽しくて、いいレースだよ。プロになってから毎年走っている。)

 

 

昨年は最終ステージでモビスターのマルク・ソレルに逆転を許し、わずか4秒差で2位となったサイモンだが今年はあくまでステージ優勝が目標で総合優勝は狙っていないとのこと。

It’s a very important part of the season but I’m not going there to target it [the overall victory], as everyone knows, I’m going 100 percent for the Giro d’Italia [in May].  (シーズンでも大事なレースだけれども、総合優勝は狙っていないよ。あくまでジロに100%で臨むつもりだよ。)

ミッチェルトン・スコットのスポーツ・ディレクター、マット・ウィルソンによると

 “Simon has shown good form and his eyes are firmly set on the Giro, that is the main target and this race is a stepping stone along that way.” (サイモンは調子は良くて、しっかりジロに照準を合わせているよ。それが一番のターゲットだし、このレースはジロへの足がかりになるね。)

短いインタビューだが、パリ〜ニースの山岳ステージではきっとその力を見せてくれるはず。 

Paris~Nice2019 EF Education Firstの布陣

もう始まりましたが、本日からParis~Nice別名太陽へのレースがスタート。3月10日から3月17日までの7日間で行われる。去年の覇者はモビスターのマルク・ソレル。

続きを読む

ストラーデ・ビアンケ2019振り返り

Strade Bianche(ストラーデビアンケ)はイタリアはトスカーナ地方のシエナを中心に走るワンデーレース。白い道という意味のレースで、まさに未舗装路が白い道なのだ。

続きを読む

自転車選手の髭に注目してみる①

サイクリングロードレースを見ていると、ヘルメットや、異常にでかいサングラスを身につけているから、選手を見分けるのはとても難しい。見えるのは口元だから、目立つものがある。それは髭だ。ということで自転車選手の髭に着目してみた。アルカンシェルならぬヒゲカンシェルは誰の手に。。。

 

続きを読む

クラシックシーズン初戦振り返り

先週の土曜日に行われたクラシック開幕戦、オムループ・ヘット・ニュースブラットはDeceuninck-Quick-Stepのシュティバルが勝利を収めた。

 

続きを読む