Kompleks Graffiti

自転車、音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

準備は怠るなよという教訓

奥多摩まで自転車で行ってきた。 昼頃に出て奥多摩駅付近到着が16時くらい。道中渋滞でなかなか進むことが出来ず時間がかかってしまったが、幸い気温がさほど上がらず快適な旅だった。 奥多摩駅にたどり着いたのは17:00。17:18の電車があるので、いそいでパ…

自作曲を解説する

自分で書いた曲を解説するというなかなか恥ずかしいことだが、曲作りに興味があるという人がいたら、制作のヒントとして頂きたい。 今回作ったのはこんな曲。iMovieの作業で音が割れてしまっていることに先ほど気づいた。 www.youtube.com 全体的には民族的…

Blue Mondayの聴きかた

イギリスはマンチェスターのバンド、ニューオーダーが1983年にリリースしたBlue Monday。この曲の聴きどころを偏愛だけで語りたいと思う。 www.youtube.com 00:00~永遠に聴けるバスドラム ド ド ドドドドドドドド ド ド ド ド このリズムを聴けばブルーマン…

阿波踊りの音像

久しぶりの更新。ここ最近は音楽のことを多く考えている。 そんな中、昨日高円寺で阿波踊りを観た。 初めてだったが、熱狂的な祭りだった。観る側もみんな祭囃子に心を躍らせていた。 音に着目すると1つ単純なことに気がついた。音の流れる順番だ。 阿波踊り…

桜の咲いていないさくら堤公園までサイクリング

先週の日曜日に友人と2人で荒川沿いの桜の具合を見にサイクリングに出かけた。目的地は埼玉県比企郡吉見町のさくら堤公園。 待ち合わせは秋ヶ瀬公園。筆者は彩湖の東側、笹目橋のあたりから荒川サイクリングロードに入った。初めて通るルートだったが、未舗…

疲れた体に古典を

くたくたに疲れてしまった今週は、木曜日に久々に高校時代の「常用国語便覧」を眺めたことから古典に対する気持ちが高ぶり、それだけが生きる気力だった。なぜ「常用国語便覧」を取り出したかというもの来月に能の観劇に行くことが決まり、できるだけ知識を…

Tirreno Adriatico 2019のチーム賞はEF

2019年のTirreno Adriaticoはユンボビスマのログリッチェが見事な逆転優勝で幕を閉じた。 ️ @rogla: “It's unbelievably close. I felt stronger on the way back. Before the start I was confident that I'd win but I only could control myself. I'm gla…

Team SkyがTeam INEOSに!

Skyのスポンサー撤退がアナウンスされていた、Team Skyが5月からTeam INEOSに変更され、5月のツールドヨークシャーでお披露目されるとのこと。 Team Sky will become Team INEOS from 1 May. The launch of Team INEOS will take place at the Tour de Yorks…

うつの一歩手前

個人的な話で恐縮だが、昨年11月頃に社内ストレスチェックで高ストレス状態と判定され、人生で初めて、精神面で病院に通うようになった。他にもこういったことで悩んでいる人がいれば一助となれば幸いと思っている。 兆候はいくつかあった。まず仕事前に吐き…

Paris~Nice 2019 Stage 7 見事マルティネスがクイーンステージで勝利

昨日のParisNiceは第7ステージが行われ、EF Education Firstのダニエル・マルティネスが、名だたるクライマー、ミッチェルトンスコットのサイモン・イェーツ、アスタナのミゲル・アンヘル・ロペスを退け、見事勝利を掴み取った。 この第7ステージはニースを…

マイケル・ウッズがEFとの契約を更新

マイケル・ウッズがEF Education First Pro Cyclingとの契約を更新した。 www.efprocycling.com 複数年契約とのことで、ウッズもこのチームに居心地の良さを感じているようだ。 “The direction of the team, the idea of exploring the world — it all reall…

Tirreno Adriatico 2019 EFの布陣

昨日からイタリアのステージレースティレーノ・アドリアティコが開幕した。全7ステージのレースで西はティレニア海沿いのリド・ディ・カマイオーレから東はアドリア海沿いのサン・ベネデット・デル・トロント を走る。現在行われているパリ〜ニースよりも山…

Paris~Nice 2019 番外篇 コート・ダジュール空港

Paris~Nice真っ只中だが、ここで昨年10月に旅行でモナコからパリへ向かう際に使用したニースの空港(コート・ダジュール空港)を少しだけ紹介。 コート・ダジュール空港はフランスで3番目に利用客が多く、ニースの街の西に位置しており、筆者のようにモナコ…

Paris~Nice 2019 Simon Yatesの照準は?

昨日からスタートしたParis~Nice 2019。スプリンターから総合系の選手まで、強豪ひしめいているが、その1人、Simon Yatesの短いインタビューを紹介。 www.velonews.com まずはパリ〜ニースの印象について。 “I enjoy Paris-Nice, it’s a good race and I’ve …

Paris~Nice2019 EF Education Firstの布陣

もう始まりましたが、本日からParis~Nice別名太陽へのレースがスタート。3月10日から3月17日までの7日間で行われる。去年の覇者はモビスターのマルク・ソレル。

ストラーデ・ビアンケ2019振り返り

Strade Bianche(ストラーデビアンケ)はイタリアはトスカーナ地方のシエナを中心に走るワンデーレース。白い道という意味のレースで、まさに未舗装路が白い道なのだ。

自転車選手の髭に注目してみる①

サイクリングロードレースを見ていると、ヘルメットや、異常にでかいサングラスを身につけているから、選手を見分けるのはとても難しい。見えるのは口元だから、目立つものがある。それは髭だ。ということで自転車選手の髭に着目してみた。アルカンシェルな…

クラシックシーズン初戦振り返り

先週の土曜日に行われたクラシック開幕戦、オムループ・ヘット・ニュースブラットはDeceuninck-Quick-Stepのシュティバルが勝利を収めた。

【選手紹介】ギョームマルタンの哲学

ギョーム・マルタンはプロコンチネンタルチームのWanty-Gobert Cycling Teamに所属する自転車選手。大学で哲学を学んだという異色の選手へのインタビューがPeloton Magazineに掲載されていたのでかいつまんで紹介します。 pelotonmagazine.com 父親は合気道…

内戦下イエメンの学校で音楽の授業が人気

Al Jazeeraのビデオが目に止まったのだが、イエメンで子供に音楽をセラピーとして使っているとのことだ。 This school in Yemen is using music therapy to help young students overcome war trauma. pic.twitter.com/4oQK9uaQSc — Al Jazeera English (@AJ…

能はこんなに面白い!を読んで、共感性と師弟関係を考える

2013年に出た本だが内田樹、観世清和による「能はこんなに面白い!」を読んだ。この本は能の入門書のようなタイトルだが、その中身は鑑賞マニュアルというよりも、能という体験を扱った本だ。 この本で気になったのはやはりその能の体験の核になるであろう「…

自転車での限界突破について

BBCの記事でサイクリングの苦痛に焦点を当てた記事があったので簡単にまとめてみました。 www.bbc.com この記事はアワーレコード:一時間でどれほどの距離を走ることができるかを競うものに挑戦したJack Bobridgeの話から始まる。この記事に出てくるチャレン…

英語も話し方は人それぞれ

人それぞれ話し方には癖があり、それがその人の魅力だ。その話し方はその人柄を表すし、その人の出自も表す。訛りを隠す人、訛りを隠さない人、それぞれの性格が出ている。そんな人それぞれの話し方だが、今回は個人的に好きな英語をピックアップしてみた。…

クラシックシーズン到来〜EF Education Firstの展望〜

3月に入り、暖かい日も増えてきた。自転車で外を走るのも日中であれば楽になってきた。サイクリングロードレースにとって春の訪れはクラシックシーズンの訪れとともにやってくる。 今回はEF Education First Pro Cyclingの以下の記事の部分部分を訳してクラ…

自転車の記憶2.2 一関〜湯沢市とことん山キャンプ場

中学生東北3県グランツール2日目。朝一で真湯温泉に浸かり体を温める。 この日は真湯温泉から須川温泉を越えて、秋田県湯沢市のとことん山キャンプ場に向かう。須川温泉までは標高1118mのヒルクライムだ。改めて地図で調べると距離は33km程。 朝から雨模様の…

2019年は「受け入れる」

新年明けましておめでとうございます。今週のお題「2019年の抱負」について。今年は「受け入れる」かと思っている。 自分はこの「受け入れる」ということがとても苦手で、このことから多くの自分の望まない結果をもたらしていると思われる。 特に昨年は仕事…

自転車の記憶2.1 仙台〜一関

遠刈田への自転車旅行に気を良くしてしまった友人と私は、次なる旅を目指していた。時は中学3年の夏である。さすがに中学最後の夏休みということもあり、前回よりは大きい規模の旅行にするつもりであった。 他県に行きたいという考えがあり、最終的には岩手…

自転車の記憶

初めて自転車で旅行をしたのは中学2年の頃だった。自転車は昔から子供の頃から好きで、移動手段は常に自転車。そして家は小さな山の中腹にあったため、少しのヒルクライム能力を獲得していた。 当時の愛車はメリダのマウンテンバイクだった。そのバイクにキ…

寒い寒い多摩川へ

サイクルアパレルメーカーのLe ColがStravaで150km走ると£50のクーポンをくれるとのことで、昨日までに100kmを走り終えていた筆者は、残り50kmを消費すべくルートを思案していた。 昨日は荒川沿いを走って強風で散々な思いをした。今日はいくらか風は弱まっ…

強風に立ち向かえ

今日は荒川沿いを走り、目標70kmを目指し家を出発。天気は良いが、寒くそして風が強い。今日は先日コルモピアで購入した、ミドルインナー(風に強いらしい)を着て初のサイクリング。 いつも通り環七を赤羽方向に走り出す。今日の風の強さは自転車が煽られて…