Kompleks Graffiti

音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

イギリス留学記〜「傘をささない」の巻〜

台風の影響で未明はひどい風雨だったようだ。雨といえばイギリスは雨が多いという話はよくされる。事実かどうかは統計を見ていないのでわかりかねるが、イギリスでの雨にまつわる経験はあるので今回はそれを記そうと思う。 イギリス人は雨が降ってもなかなか…

教わることについて

高校時代個人で英語を習っていた先生から、背中を押すことはできるがやるのは自分だよと言われた。当時はそこまでこの言葉の意味を噛みしめていなかったと思うが、今でもその言葉を覚えているのは、この言葉が真実だからだろう。何かを習得したいと思ったら…

羽田空港サイクリング

9/9(土)目的地:羽田空港 天候晴天 9時25分江古田発。今回はパンク修理などの練習を兼ね、携帯空気入れで適正空気圧まで空気を入れる。携帯空気入れの購入後、初の実践。思いの外、空気を入れるのに力がいることが判明。翌日は腕の筋肉痛がひどかった。道…

イギリス留学記 初めてのライブ

イギリスでの留学を選んだ理由の1つがイギリス文化への興味であり、中でもイギリスの音楽シーンへの憧れがとても強かった。そんな私が初めてイギリスで観たのはバッド・ルーテナントのライブだった。バッド・ルーテナントとは何ぞやとなる方がおられると思…

エネルギーを保存して新しいことを始めよう

新しいことを始めるのは相当なエネルギーが必要だ。実のところ明日秩父の方まで自転車で行ってこようと考えており、人生初の輪行をする可能性があるため準備を行っていた。具体的には輪行のやり方の習得と必要なものを買い揃えた。特に輪行袋に自転車を入れ…

Implicit Biasと無記名

日本の大学については経験がないのでわからないのだが、イギリスの大学の提出物とテストは無記名で学生番号のみを記入する。一年目に名前を書いて提出したところ注意された。なぜ名前を書いていけないかというと採点に影響が出るからである。 どのような影響…

楽しみ方は人それぞれ

何か物事をするときに誰かと一緒の方が楽しい、1人だと楽しくないと考える人がいる。そして独りで何かをしてきたというと寂しくないのかなどと言ってくる人がいる。独りでも物事を楽しめる人からすると、独りでの楽しみ方は別物である。つまり独り以上の楽し…

イギリス留学記 スーパーでの買い物事情

今回はイギリスのスーパーの食料品についてとりあげたい。私がよく行っていたスーパーはSainsburys、 TESCOである。一番行ったのは家の近くにあったTESCOで、次に行ったのは大学の帰り道にあったSainsburysだった。これらのスーパーはイギリス国内ならどこに…

イギリス留学記 スコットランド訛りの教授

日本と同じようにイギリスにも多くの訛りが存在する。そのなかでも有名なのはスコットランド訛り(スコテッシュ、Scottish)である。 スコットランドはグレートブランド島の北部に位置し映画トレインスポッティングの舞台エディンバラや、かつて中村俊輔が在籍…

イギリス留学記 シェフィールドという街

私の留学先のシェフィールド(Sheffield)はイギリス中部に位置する。ロンドンからは電車で2時間強の旅である。ちなみにイギリスではシェフィールドは北部と呼ばれる。これはイングランド北部に位置するためだ。Northern Accentつまり北部訛りと言われる訛りは…

イギリス留学記 異国の地で病に伏す

イギリス留学中に一度だけ酷い体調不良になった話。General Practitionerのことなども簡単に書いております。

イギリス留学記 ポテチが美味しい

イギリスに留学していた際によく食べたポテチを語る。Walkers, Sensations, McCoy'sなどを取り上げる。

イギリス留学記 飛行機編

筆者がイギリス留学していた頃の飛行機にまつわる話を書いております。飛行機選びのコツではなく道中を含めた個人の体験談。ブリティッシュエアウェイズ、エティハド、KLMについて書いている。

サイクリング〜大宮で神、そして動物とふれあう〜

どういうわけか急に大宮を観光しようという案が頭に浮かんだのでさっそく自転車で行ってまいりました。 目的地は近頃パワースポットだと評判の大宮氷川神社と大宮小動物園。ただしパワースポットだから行くわけではない。 今回のコースはこんな感じです。 往…

川越〜入間川サイクリングロード〜荒川サイクリングロード

8月3日曇天ながら過ごしやすい天気のなかサイクリングに行ってきました。 今回のルートは川越市の喜多院に向かい、入間川サイクリングロードと荒川サイクリングロードを経由し最後は彩湖へ向かうコース。 大体こんな感じです。 出発地点は和光市。まずは和光…

自分を基準にしないということ

私は仕事などにおいて他人を評価する時に自分をその判断基準にしてはいけないと考えている。理由は他の人が自分とは異なる人間であることを無視していること、そして自分が正しいという思い込みで人を判断していることだ。 自分は耐えたなどと言いパワハラの…

ランニングを始めて感じること

12月からランニングを始めて2ヶ月程になる。自分は運動よりも頭を使う音楽や勉学などに比重を置いていたのだが、体を動かしてみることで色々と気づくことがあった。 ・時間感覚が変わった 筆者は中学の頃は陸上部で30分走や1時間走をこなしていたのだがその…

伝えるということ(簡潔さと複雑さ)

仕事で人に何かを伝えないといけないことがありますが簡潔さと複雑さの問題で最近よく頭を悩ませております。 簡潔さと複雑さ(Simplicity and complexity)の問題とはつまり、 簡潔さを求める場合、伝わりやすい反面詳しい部分を伝えないことになる。そして…

差別なのかどうなのか...

イギリスに留学中に差別を受けたかどうかを振り返ると、あまりはっきりとしたものは受けていないと思うのですが、果たしてあれはどうだったのかというものがあります。 1.理由もなく全力で雪玉を当てられた 雪が積もったある日、帰宅中に何人かの少年に思い…

iMovieでPV制作

筆者のバンドBasilica Atraの新曲を映像を公開しました。今回はこの動画の作成方法を簡単に説明します。 www.youtube.com 使用ソフト iMovie Adobe Illustrator 素材 今回のビデオで使った動画素材はPixabayというサイトからダウンロードしています。 pixaba…

ラッセル「幸福論」その① 〜リスクと愛情〜

今後何回かラッセルの幸福論から気になった文章を取り上げたいと思います。ブログを始める前から読んでいた本なのでいきなり12章「愛情」から始めます。 この章でラッセルはAffection(愛情)を取り扱っており、愛情を受けることで安心、安全を感じことがで…

バートランド・ラッセルについて

現在バートランド・ラッセルの「The Conquest of Happiness(幸福論)」を読みすすめておりまして、今後その中から気になる文章を取り上げていこうと考えているのですが、その序章として簡単にバートランド・ラッセルについてまとめておこうと思います。 経…

アンディ・ウォーホルの名言10選 from BBC

少し前にヘミングウェイの酒に関する名言を取り上げたのですが、同じような形でアンディ・ウォーホルの名言がBBCのサイトに載っていたので訳してみようと思います。 www.bbc.com 1. I think everybody should be nice to everybody. みんながみんなに優しく…

Self-Sabotage(セルフサボタージュ)

自分が求めていたものに近づいた時に何故かそれから遠ざかるような行動や感情を抱いたことはあるでしょうか。これをセルフサボタージュ(Self-Sabotage)と呼ぶそうです。専門家では無いのですがこの心理についてまとめてみました。参考程度に留めていただけ…

イギリス臭すぎて売れない?〜Jamie T編〜

イギリスでは知名度があるのに日本では全然な人はたくさんいますが、今回紹介するJamie Tもそんなミュージシャンの1人。自分はイギリス感が強すぎて他国では売れてないのではないかと予想していますが、ガレージ感が好きな人はぜひ聴いてみてください。 Pani…

ネイティブが無意識に使っている文法とは

英語のネイティブ知らないうちに使っている6つの文法という記事。ネイティブ向けなので日本人からするとふ〜んって感じかもしれません。 www.indy100.com 1.形容詞の順番 Adjectives in English absolutely have to be in this order: opinion-size-age-shap…

ポジティブ過ぎても良くない

またまたBBCの記事で申し訳ないですが、プラス思考(Positive thinking)が怠惰につながるということが書いてあったので紹介。 www.bbc.com ビジネスにおけるプラス思考の重要性についてMichael Stausholmという実業家はこう説いています。 Positive thinkin…

ヘミングウェイのお酒にまつわる金言9選

という記事がBBCに掲載されていたので紹介。拙訳ですがお付き合いを。 www.bbc.com ワインについて 「武器よさらば」より "Wine is a grand thing," I said. "It makes you forget all the bad." ワインはいいぞ、悪いことを全部忘れさせてくれる。 確かにワ…

恋しくなるイギリスのもの〜キッパー編〜

留学していた頃に愛していたイギリスのものを少し紹介しようと思います。今回はKipper(ニシンの燻製) 自分の燻製ニシンとの出会いは2013年の春の湖水地方でのこと。イースターでの休みを使い湖水地方をところ突然雪に見舞われ、寒くてレストランに逃げ込ん…

六本木アートナイトに行ってきた

去年までは春開催だった六本木アートナイトが今年は秋開催になっておりまして、行ってきましたよ〜。 とりあえず六本木はミッドタウンに到着して空腹だったため平田牧場でとんかつを食す。 最初に見たのはミッドタウンの芝生広場の「Curtain Wall Theatre」…

右に倣えが生み出す風変わり集団日本

グーグルの予オートコンプリートを用いて作ったステレオタイプの世界地図がイギリスの新聞Independentのサイトに掲載されていました。 www.indy100.com このマップはグーグルで"Why 国名 is so ~"(なぜこの国はこんなに〜)と入力してオートコンプリートさ…

「夜と霧」を読んで〜生きる意味とは〜

今回は読もう読もうと思いながら何年も読まずにいたフランクルの「夜と霧」の感想を書きたいと思います。 この書がとりあげているのは第二次世界大戦のナチスによる強制収容所での人間の心理の話。 個人的には人生の意味に関する記述がとても興味深かったの…

スター・トレック BEYOND 公開直前 サイモン・ペッグ特集!!!

10月21日(金)からスター・トレックBEYOND公開ということで、イギリスネタを取り上げる本ブログとしてはモンゴメリー・スコット役で登場するサイモン・ペッグを特集するしかないわけです。 最初に登場するのがサイモン・ペッグ www.youtube.com Spacedまで…

死んで当然は危険な考え〜死刑制度に関する疑問〜

7割超が死刑制度廃止に「反対」というニュースを目にして少し考えたことをまとめます。 headlines.yahoo.co.jp 死刑に関しては様々な意見があるとは思うのですがFacebookのコメントに「それだけのことをしたのだから死んで当然」といった考えが見られ、個人…

私の考えるおすすめ英語勉強法

どうやって英語を勉強したか聞かれることがあるので自分がやってきたことを記そうと思います。ただしこれをやったところで劇的に何かの点数が上がることはないと思います。読む、聞く、書く、話すの総合力を高めたい人にはおすすめです。 シャドーウィング …

乃木神社で管絃祭を観てきた

ここ最近旅行記やイギリスネタを書いていたので久々に音楽ネタです。 10/13(木)仕事終わりに乃木神社での管絃祭に行ってきました。雅楽の奉納演奏でして去年も行きましてなかなか素晴らしかったので今年も参加です。 管絃というのは雅楽での管楽器と弦楽器…

旅のすゝめ 〜 アウシュヴィッツ=ビルケナウその③〜

今回はアウシュヴィッツ=ビルケナウ完結篇で、ビルケナウ強制収容所のことを記します。 アウシュヴィッツからバスに乗って少し移動しました。 移動中 ビルケナウの方はアウシュヴィッツとは異なり軍の施設などではなかったためか、あまり整っていない印象で…

旅のすゝめ 〜 アウシュヴィッツ=ビルケナウその②〜

前回のエントリーに引き続きアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所を訪れた時の旅日記です。 今回はアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所のアウシュヴィッツの方について書きます。(アウシュヴィッツとビルケナウは異なる収容所です。) クラクフを朝…

旅のすゝめ 〜 アウシュヴィッツ=ビルケナウその①〜

ブログらしく旅日記でも書こうと思いまして。2013年に訪れたアウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所のことを記したいと思います。なにせ3年前のことなので記憶が曖昧ですが、ご了承下さい。そしてさらに今回のエントリーではアウシュビッツまでは書きません。…

イギリス人にしか理解できない英国的フレーズ

連日のイギリスネタです。イギリス英語に特化です。 イギリス紙インディペンデントのサイトに「イギリス人以外が理解できない英国的フレーズ37個」が掲載されていたので紹介します。一応イギリスに留学経験のある筆者ですが知らないフレーズもあるので、自分…

イギリスのコメディ5選

今回はイギリスのコメディを取り上げていこうと思います。日本ではDVDなどが手に入らないものが大半だと思うのでご了承ください。 イギリスの笑いは日本人の笑いの感性からすると理解できない部分が非常に多いです。基本的には皮肉が好きな国民なのでそこを…

秀逸なライブの演出(なぜか4選)

読み終えた本の簡単な評論を書こうとしたのですが、考えがなかなかまとまらないので簡単に書けそうだと思ったライブ演出について記します。 ライブは単に演奏するものに終始することも可能ですが、やはり演出までこだわったライブに勝るものはないと思います…

ライブ衣装

前回のライブ(@Mona Records)から衣装にも力を入れることに。 服のカスタマイズを兄に頼みました。 背面にはBasilica Atraのペイントを施してもらっています。 どうやったのかは分かりませんが良い出来です。 ファッションには疎いのですがファッションシ…

Basilica Atra - RO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPAN

ブログ始めてみました。今後自分の音楽活動メインで更新していきたいと思います。 さっそくですが、自分がキーボードとマニピュレーターを務めるバンド:Basilica AtraがRO69JACK 2016 for COUNTDOWN JAPANの第一次選考を通過しました!音源が認められたとい…