Kompleks Graffiti

音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

乃木神社で管絃祭を観てきた

ここ最近旅行記やイギリスネタを書いていたので久々に音楽ネタです。

 

10/13(木)仕事終わりに乃木神社での管絃祭に行ってきました。雅楽の奉納演奏でして去年も行きましてなかなか素晴らしかったので今年も参加です。

 

管絃というのは雅楽での管楽器と弦楽器(&打楽器)の合奏のことだそうです。この意味では舞は含まないそうなのですが、乃木神社の管絃祭は舞曲のプログラムもあります。

 

雅楽に関しては文化デジタルライブラリーに分かりやすい解説が載っています。

www2.ntj.jac.go.jp

 

まず乃木坂駅でポスターを発見。18時開始なのに仕事のせいでこの時点で19時を過ぎていました。忌々しいですね。

f:id:Kompleks:20161013235145j:plain

 

乃木坂駅を出るとすぐ乃木神社です。

f:id:Kompleks:20161013235147j:plain

夜の神社はあまり来ることがないのですが照明が控えめでいい雰囲気です。

演奏は下の写真の拝殿で行われました。肝心の演奏、舞の姿は写真に収めることは出来ませんでした。。。

f:id:Kompleks:20161013235121j:plain

 

今回のプログラムは管弦の美濃山(みのやま)、陵王(りょうおう)、舞楽の春庭花(しゅんでいか)、狛桙(こまぼこ)だったのですが、自分は残念ながら最後の狛桙しか観られませんでした。。。よって狛桙のみの感想を少し記します。

 

狛桙は右方舞楽という朝鮮半島にルーツのある舞楽とのこと。ちなみに左方もありそれは中国がルーツだそうです。

 

この舞曲では4人の踊り手(舞人)が棹を持って舞います。これは高麗人が5色の棹を使って船を漕いで港にやってきたことを現しているそうです。踊りは4人が同じ動きをし、立ち位置はシンメトリックでした。

 

舞も素晴らしいのですがやはり音楽に携わっている人間として注目してしまうのは音楽で雅楽の音楽的に恐るべきはそのタイム感ではないかと思います。深呼吸をしながら聴くとちょうどよい拍子に感じられます。そんな雅楽の「時間」を担っているのは中央に置かれた太鼓で、

太鼓の音が表すのは「時間の循環」であり「音楽の節目に太鼓が打たれ、時間軸がリセット」される(文化デジタルライブラリー)

とのことです。

やはり日本の音楽が持つ時間はやはり欧米の音楽にはないもの。日本の音楽はノリではなく流れを 強調した音楽なのだと思います。日本の舞台芸術(能、舞など)に見られるゆっくりでありながら全てがコントロールされた動きとマッチします。

f:id:Kompleks:20161013235142j:plain

 

最後に長慶子(ちょうげいし)が演奏され全演目が終了。

 

当日のパンフレットです。こんなに立派なものまでもらって無料とは。。。

f:id:Kompleks:20161015045049j:plain

 

帰りに見かけたメルセデスベンツコネクションで完全に現代社会に戻されました。

f:id:Kompleks:20161013235013j:plain

  

今度は是非能を観に行きたいです。

 

乃木神社はいい所なので是非訪れてみてください。

www.nogijinja.or.jp