Kompleks Graffiti

音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

私の考えるおすすめ英語勉強法

どうやって英語を勉強したか聞かれることがあるので自分がやってきたことを記そうと思います。ただしこれをやったところで劇的に何かの点数が上がることはないと思います。読む、聞く、書く、話すの総合力を高めたい人にはおすすめです。

 

シャドーウィング

ネイティブの話す英語を聴きながら真似ることです。学校などの教材のCDで初めは十分なので聴きながら、すぐに続いて声を出しましょう。リスニングと発音の両方を鍛えられます。また繰り返し行うことで文章がそのまま身につくので自然に口から出せる英語が増えます。映画やドラマの好きなシーンを真似るのも楽しいですよ。

読むことに特化したい人にとってはあまり効果のある方法ではないかもしれません。

 

自分で例文を作る

テキストの例文を覚えるだけではなく例文を作りましょう。やはり自分で考えると身につくと思います。

もし"This is a pen."という伝説の文章に遭遇したら

"Is this a pen?"という疑問文を作ることができます。疑問文ができたらそれに答える文章も考えてみましょう。"No. It looks like a pen but it's a chopstick."など自分の想像を膨らませてみましょう。

くだらない文章を考えるのも楽しいので捗ります。

 

独り言を英語で

部屋で1人だったら英語で独り言を言いましょう。簡単な言葉でいいと思います。

勉強しないとなと思ったら"I have to study." "I've got to study." と言いましょう。眠くなったら"I'm sleepy." "I'm tired."と呟いて寝ましょう。

 

自分で自分に空想でインタビューを行うのもおすすめです。自分で疑問文を考えて自分で好きなように答えましょう。自分の好きな物について誰かにインタビューされてると想定したりするとやりやすいです。

 

好きなものを英語で調べる

学校などなの教材は万人が読むためのものなので自分の興味は反映されているわけがないです。

趣味があったらその趣味の情報を英語で調べてみるのがいいと思います。洋楽が好きならNMEとか料理が好きなら英語のレシピを見てみましょう。

英語を学ぶ理由は人それぞれだと思いますが個人的に感じる最大のメリットは情報量が増えることです。日本語でネットで検索する何倍もの情報を英語なら得られます。自分の趣味の情報を世界中から集められるのは大きなメリットです。

 

読書

とは言っても最初は難しいし何を読めばいいのか分からないと思います。自分が本格的に勉強し始めた頃読んでたのは「ペンギンリーダーズ」シリーズです。難易度別になっており目に見えるレベルアップを図ることが出来ます。映画などを簡単な英語にしているものもあるので、何の話かさっぱり分からないという状況を防ぐことができます。

www.eigotown.com

英字新聞なども選択肢としてありますが、日本語でも新聞は多少難しい(記事によっては専門用語などが多い)ので英語だとなおさらハードルが高いと思います。。特に見出しなどは学校で習う文法通りのものではないので(受身形のBe動詞が省略されるなど)、英語に慣れていない段階では難しいです。

 

とにかくやる

身も蓋もないですがやることでしか身につかないと思うので、何でもいいので英語に触れるのが大切だと思います。