読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kompleks Graffiti

音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

右に倣えが生み出す風変わり集団日本

 グーグルの予オートコンプリートを用いて作ったステレオタイプの世界地図がイギリスの新聞Independentのサイトに掲載されていました。

 

www.indy100.com

http://i.imgur.com/BVyGaLW.jpg

 

 このマップはグーグルで"Why 国名 is so ~"(なぜこの国はこんなに〜)と入力してオートコンプリートされたもので作られています。日本はというと「Weird」つまり「変」な国と見られているわけです。

 

 まあ日本はクレイジーだとかよく言われているので当然かと思いつつひとつの疑問が…

 

 日本人はよく協調性を大切にするとか言われてるにもかかわらず世界から見ると変な国なんですね。変な奴が嫌いな日本人なのに他国からは変な国と見られている。日本という国家を個人として考えたら日本人が一番恐れるであろう評価を周りからされているわけです。なぜ周りと合わせたがる日本人は世界からこのような目で見られるのでしょう。

 何の根拠にも基づいていませんが、日本の協調性重視の本質は特定の集団に所属する人間がその集団の価値観に疑問を持つことを許さないところにあるのでしょう。外国からお前ら変だよと言われようがこれは自分たちの価値観だと言って意固地になるのではないのでしょうか。

 もちろん変だと言われることが褒め言葉である場合もあるし、変だけれども大切にすべきことも多いでしょう。しかし世界から特殊に見られることはよしとするにも関わらず日本人は個人が変わっている(他から違う)場合にそれを受け入れるようなことはしないのではないのでしょうか。つまりたとえ集団の持つルール、道徳、価値基準がおかしいもので有っても、個人の個性を殺して集団の一員として振舞うことが第一に置かれているのが日本ではないでしょうか。

 だから100時間の残業も普通だと思う集団が出来上がるわけです。その業界や会社では普通かもしれませんが私は異常だと思いますし、他の基準、例えばヨーロッパの労働の感覚から見たら異常だと思います。「普通こうだ」とか「当然こうだ」という考え方は他人の異常性を否定しますが自分の考えが異常であるかは棚上げしています。そして普通とか当然というワードが出てきた場合、それは自分の意見というよりは自分が正しいと信じる集団の標準に合わせたものでしょう。しかし集団が普通かどうかは誰が判断しているのでしょうか。集団外から見てある集団が異常だった場合、そのなかの個人も異常にならざるをえないのが日本の協調重視の欠点ではないでしょうか。集団の信じられないものしか信じられないというのは宗教に近いものがあり、それゆえ個人的にはサラリーマンにも宗教のようなものを感じます。

 俗に言うガラパゴス化も結局のところ集団の内部しか見ていないことによる弊害では無いでしょうか。グローバル化と言いながら自分たちの集団の考えでしか物事を判断できないのであれば世界には勝てないと思います。

 広い視野を持ち、多くの考えに触れて自分の考えが良いか悪いか常に懐疑にさらしておくのがよいのではないのでしょうか。日本が変だと思われることが良いと思うのであれば日本の中の個人が変なことも許容しなければなりません。日本が変だと思われたく無いのであればもっと日本の集団というものを外から見つめ直さなければいけません。いずれにせよ日本にはまだまだ変わらなければいけないことがあるようです。