読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kompleks Graffiti

音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

六本木アートナイトに行ってきた

去年までは春開催だった六本木アートナイトが今年は秋開催になっておりまして、行ってきましたよ〜。

f:id:Kompleks:20161023022430j:plain

 

 

とりあえず六本木はミッドタウンに到着して空腹だったため平田牧場でとんかつを食す。

f:id:Kompleks:20161023020100j:plain

 

最初に見たのはミッドタウンの芝生広場の「Curtain Wall Theatre」。アイディアは面白かったけどもっとインパクトが欲しかったかな。何より芝生広場に立ち入りできたことが驚き。

f:id:Kompleks:20161023020224j:plain

f:id:Kompleks:20161023020251j:plain

 

そこから移動し、国立新美術館へ。フランスのカンパニー・デ・キダムの「FierS a Cheval 〜誇り高き馬〜」のパフォーマンスがちょうど行われていました。ワルツの民族的な音楽が流れる中、馬が舞っていました。

f:id:Kompleks:20161023020934j:plain

近くに来てくれました。馬は空気で膨らましており、その後ろの方で人が操っている形です。

f:id:Kompleks:20161023021011j:plain

 

次は六本木ヒルズアリーナに移動し、珍しいキノコ舞踏団の「珍しいキノコ舞踏団のそれゆけ!アート・ナイトメア?」を観ました。ユーモアを織り交ぜていて見ている側を飽きさせない演出がされていました。全員で動きを合わせるよりも各人がそれぞれ動いているシーンが目立っていてそれぞれのキャラクターがあって面白かったです。あまり舞踏はみないのですが溌剌としていて自分も体を動かしてみたくなりました。

f:id:Kompleks:20161023021152j:plain

会場の六本木ヒルズアリーナは名和晃平氏によるインスタレーションになっていました。

f:id:Kompleks:20161023021344j:plain

f:id:Kompleks:20161023021416j:plain

 

続いてサントリーウィスキー「響」の特集がされているブースに行きました。

筆者はウィスキーでひどい酔っ払い方をしてから、ウィスキーを少し敬遠しているのですが、やはり色は美しい。有田焼、九谷焼のボトルも素晴らしかったです。

f:id:Kompleks:20161023021446j:plain

右側に寄っていてすみません。青がとてつもなく綺麗。

f:id:Kompleks:20161023021512j:plain

 

六本木ヒルズ内には所々に作品が展示されておりそのうちの一つ、チェ・ジョンファ「Love Me」羽の生えたピンクのブタさんで、呼吸するように上下に動いていました。

f:id:Kompleks:20161023021540j:plain

 

最後にミッドタウン前の名和晃平氏のインスタレーションを観て帰宅。

f:id:Kompleks:20161023021607j:plain

 

去年より少し地味な感じかという印象を受けましたが、やはり芸術はやっている人も見ている人も生き生きしていると再確認。