Kompleks Graffiti

自転車、音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

イギリス留学記〜「傘をささない」の巻〜

 

f:id:Kompleks:20170918104938j:plain

 台風の影響で未明はひどい風雨だったようだ。雨といえばイギリスは雨が多いという話はよくされる。事実かどうかは統計を見ていないのでわかりかねるが、イギリスでの雨にまつわる経験はあるので今回はそれを記そうと思う。

 イギリス人は雨が降ってもなかなか傘をささない。雨の日に街に繰り出しても傘をさしているのはごくわずかである。さしているとしても大半は折りたたみ傘だし、折りたたみでない場合は何故かレースクイーンが使うような巨大なパラソルを使っている。傘をささないと言っても彼らが何も対策をしていないわけではない。日本に比べ、Hoodie(フード付きパーカー)を着ている人が圧倒的に多く、そして実際に雨が降るとフードを使って多少の雨は防いでいる。私はパーカーのフードの用途を留学して初めて知った。それまでは飾りぐらいにしか考えてなかったが(あるいは極端に寒い時にかぶるか)、イギリスでついにその真理を知ったのであった。

 ちなみにイギリス人のみならずヨーロッパ人はあまり傘をささないようだ。自転車のロードレースの解説・実況が雨が降ってきた際に、観客を観て、「ヨーロッパ人が傘をさしているってことはなかなかの雨ですよ!」なんて嬉々として言っているくらいだから事実なのだろう。

 ヨーロッパ人は傘をささないのは事実だが、私は日本との傘使用の違いは雨の質にあると考えている。ヨーロッパの雨は結構優しい。イギリスの話だが、雨の割合では霧雨が非常に多かった。故に多少雨が当たってもそこまで不快には感じず、フードさえ被れば対処できるし、短時間であれば上着がびしょ濡れになることはない。それに比べて日本の雨は粒が大きく当たると気になる。霧雨も少なく、降る時はしっかりと降ることが多く感じる。小さなところではあるがこのようにヨーロッパの自然は人に対してそこまで厳しくない。故に西洋では「知は力なり」というベーコンの思想などが出てくるのかと感じる。つまり自然から知識を得て、支配することが可能だと考えたわけだ。甚大な自然災害などに関してはなかなか自然の法則がを捉えることが難しいため、自然環境が安定した地域ゆえの思想なのかと個人的に推測している。

 日本に帰ってきて、最初はあまり傘をささなかったが、最近はすぐに傘をさしてしまう。そしてフードを被ることも少なくなった。自然環境がライフスタイルに及ぼす影響はかなり大きいようである。