Kompleks Graffiti

自転車、音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

Tour de Yorkshire

f:id:Kompleks:20180502014716p:plainTour de Yorkshire(ツールドヨークシャー)が5月3日(木)から5月6日(日)までの四日間で行われる。ヨークシャー地方に3年留学し(シェフィールド)、子供の頃からヨークシャーテリアを飼っていた筆者としてはこれはブログに書く使命があるのではないかと勝手に考えている。

 

レース概要

Tour de Yorkshireは2014年にTour de Franceの開幕2ステージがヨークシャー地方で行われ、その成功から2015年にスタートしたステージレース。カテゴリーはUCI Europe Tour。男女それぞれレースが行われ、男子は4ステージ 711km、女子は2ステージ 256.5km。

 

なおTour of Yorkshireではなくフランス語表記のTour de Yorkshireになっているのは主催がフランスのAmaury Sport Organization(ASO)という団体であるということによる。

過去の優勝者

2015年優勝者:ラーシュ・ペター・ノードハウグ(引退)

2016年優勝者:トマ・ヴォクレール(引退)

2017年優勝者:セルジュ・パウェルス(Team Dimension Data)。今年も出場予定とのこと。

気になるスポンサー

ASDA:ヨークシャーのリーズに本社があるイギリスのスーパー。Tour de Yorkshireでは女子のレースがASDAの名前を冠したものになっている。

 

The Black Sheep Brewery:Mashamという街にあるビール醸造所。個人的にブラックシープは一度飲んだ記憶がある。現地観戦をするのならイギリスのビールは絶対に飲んでおきたい。イギリスはぬるいビールを飲むというが、むしろビールの風味を味わうには冷たすぎるのは良くない。

 

Doncaster Sheffiled Airport:ヨークシャー地方にある空港であるが、2016年まではロビンフッド空港という名称だった。ロビンフッド伝説がこの地にゆかりがあるため。 

ヨークシャー地方について

ヨークシャー地方はイングランド北部、ペナイン山脈と北海に挟まれた土地で、この地方の都市ではリーズ、シェフィールド、ブラッドフォード、ハル、ヨークなどが有名。自然が美しくピークディストリクトなどの国定公園がある。

 

当記事のトップの画像はヨークシャーの旗で「ヨークの白薔薇」というヨーク王家の紋章である。薔薇戦争でも有名。

 

筆者はリーズ、シェフィールド、ブラッドフォード、ハワースなどを訪れたが、いずれも丘陵地帯で急峻な坂が多い。しかしながら山岳地帯ではないため長距離に及ぶことはない。パンチャー向けなのかもしれない。

Cheers.