Kompleks Graffiti

自転車、音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

マイケル・ウッズがEFとの契約を更新

マイケル・ウッズがEF Education First Pro Cyclingとの契約を更新した。

www.efprocycling.com

 

複数年契約とのことで、ウッズもこのチームに居心地の良さを感じているようだ。

“The direction of the team, the idea of exploring the world — it all really meshes with what I believe in,” said Woods. “I feel very fortunate to be on a team that values what I naturally value – education, exploration, community. チームの方針である、「世界を探検しよう」とい考えは、まさに僕の考えに合うものなんだ。僕自身大切にしている、教育、探検、コミュニティーといったものを大切にしているチームにいられるのはとても恵まれていると感じるよ。

 

昨年のマイケル・ウッズは、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュで2位、ブエルタ・ア・エスパーニャでは第17ステージで優勝、世界選手権では3位という結果を残した。

ステージ優勝のブエルタ

2位のリエージュ〜バストーニュ・リエージュ 

 3位になった世界選手権

 

今後のウッズの目標はアルデンヌ・クラシック*1での勝利、2019年のツール・ド・フランスそして東京オリンピックとのこと。

*1:ベルギーのアルデンヌ地方とオランダのリンブルフ州で行われるワンデーレース、アムステル・ゴールドレース、フレッシュワロンヌ、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ を指す。アルデンヌクラシックは起伏に富んだコースプロフィールなのでクライマーやパンチャー向き。