Kompleks Graffiti

自転車、音楽、イギリス、哲学等について記していきます。

桜の咲いていないさくら堤公園までサイクリング

先週の日曜日に友人と2人で荒川沿いの桜の具合を見にサイクリングに出かけた。目的地は埼玉県比企郡吉見町のさくら堤公園。

 

待ち合わせは秋ヶ瀬公園。筆者は彩湖の東側、笹目橋のあたりから荒川サイクリングロードに入った。初めて通るルートだったが、未舗装路がストラーデビアンケの様にまさに白く輝いていた。

f:id:Kompleks:20190328235521j:plain

荒川Strade Bianche

秋ヶ瀬公園へ向かっていると、強烈な向かい風が吹いてきた。今日のサイクリングはなかなか厳しいものになりそうだ。

 

秋ヶ瀬公園に先着し、相手を待っていると、他にも待ち合わせをしている自転車乗りがいる。なにやら高そうなバイクが並んでおり、肩身が狭い。

 

友人と合流し、早速荒川を上流に向かい走り始める。やはり風が強い。途中水田のところを通るのだが完全に吹きさらしで、車体が風に揺らされる。

 

道中の木々を見ると今日は桜は咲いていないことには間違いなさそうだが、菜の花は土手に美しく咲いている。

f:id:Kompleks:20190329000319j:plain

菜の花

昼前にスタートしたので、少し空腹が気になったため、以前から気になっていた榎本牧場に足を伸ばしてみた。

 

サイクルラックには多くの自転車がかけられている。自転車乗りには定番の場所だ。

ここではジェラート飲むヨーグルトをいただいた。どちらも濃厚だ。

f:id:Kompleks:20190329000717j:plain

ピスタチオと抹茶のジェラート

榎本牧場を後にし、さらに上流へ向かっていくと風はより一層強く感じてくる。ずっと踏み込んでいるせいか、今までになったことがない靴擦れが起きた。

 

途中心が折れそうな瞬間があったが、なんとかさくら堤公園についた。さくら堤公園にはさくらは咲いていなかった。代わりに一本の桃の木が綺麗に咲いていた。

f:id:Kompleks:20190329001050j:plain

さくら堤公園の桃の木

さて帰り道は追い風だ。ぐんぐん進み、もはやダウンヒルの様な調子である。少し元気が出てきたので、荒川を少し離れてうどんやにいくことにした。

 

入間大橋から川越方向に向かい、元祖武蔵野うどん めんこや 本店を訪れた。ここにはサイクルラックがあり、サイクリストフレンドリーである。

 

ここでは肉玉うどんをいただいた。大盛りにしたのだが、自分の想像以上の量だった。麺は食べ応え抜群で、コシが強い。汁は自転車で疲れた体にとても優しい。

f:id:Kompleks:20190329001441j:plain

肉玉うどん

向かい風に殺されかけたが、ジェラートとうどんを楽しみ、咲いていない桜の近い開花に想いを馳せながらの充実したサイクリングだった。